障害者雇用

各府省庁向け「障害者雇用セミナー」を実施

厚生労働省は2018年12月4日、内閣官房内閣人事局と共同で平成30年度「第1回障碍者雇用セミナー」を開催。各府省庁の人事担当者などが参加した。

精神障害者の雇用に関するセミナー講師を務めたリゾートトラストの東京人事総務部・事務支援課の北沢健課長は「都内23区では知的・身体の障がい者はほとんど就職し、都内の特別支援学校も49%が就職している。一般応募での募集はなかなか難しい」と語り、自社の取り組みを例にこれからの精神障害者、発達障害者の採用および雇用安定のポイント等をレクチャーした。

引用元:月刊人材ビジネス 2019年1月号

関連記事一覧