若者の酒離れ

若者の酒離れは多様性受け入れのあらわれ

酒離れは若者に限らずライフスタイル多様化のひとつ

近年、テレビやネットで見かける若者の酒離れという話題。
しかし、都内の繁華街や居酒屋は若者も十分に生活にお酒を取り入れているように感じます。

総務省「全国消費者実態調査」のデータによると近年アルコールの摂取量は多くの年齢において低下しており、特に20代の飲酒習慣率はここ10年で落ち込んでることは明らかであり、若者に限らず酒離れが進んでいるのは事実でしょう。

その背景には健康志向や不景気、仕事での付き合い方、アルハラ問題、ライフスタイルの変化にあるでしょう。

従来お酒の飲み方は良くも悪くも年長者が若者に伝えるものでした。
しかしアルコールハラスメントやパワーハラスメントなどの言葉ができ、若者とお酒との付き合い方も社会で見直されるようになりました。
そうしてお酒を通したコミュニケーションが減っていくと同時に若者がお酒に接する機会が減り、結果的に統計上の酒離れを招いたのだと考えられます。

とは言っても飲んでいる若者も多くいるはずで、お酒を飲まない人が経済的に余裕がないわけではありません。

ひと昔前は、ライフスタイルが一変通りであり、ある程度の年になったら結婚し、車を買い、家を買い、たまに海外旅行に行く、と言ったロールモデルがあったのに対し、現在のライフスタイルは非常に多様化しています。
そういった中でお酒も1つの選択肢であり、取り入れている人もいればそうでない人もいます。取り入れていない人は、他の嗜好品にお金を使って行くのでしょう。

若者の酒離れに対してネガティブに捉えず、ステレオタイプの価値観を多く持つ日本人にとっては多様性を受け入れられるようになったという証拠なのかもしれません。

関連記事一覧